母乳をあげながら風邪も治す。

20161011_183653育児中って体が疲れているのか、風邪をひきやすいですよね!

気をつけていたのに、風邪にかかってしまい、大ショック(T T)

薬を飲まないでいたかったのですが、育児中は休んでいることが難しく、ちょっとで歩いたりしてまた悪化…

薬を飲まなくてはならない程度にまでなってしまいました。

母乳をあげるのを、中断したくないと思ったので、いい方法はないか調べてみました。

薬を飲んで、二三時間後、血液に薬の影響がピークに出る頃で、そのころを過ぎて、授乳をするとよいという情報を得ました。

薬によって、効果が様々なので、やはり、医師の判断を仰ぐのが一番でしょうが、

今回の場合は、お医者さんからは授乳中でも問題なしといわれ、薬剤師の方は、薬を飲んでいる間は、授乳をやめるようにとのアドバイス…。

インターネットを見て、薬を服用する直前に授乳をしよう!

と思ったのでした。

抗癌剤などを飲む場合には、影響が大きくでるとのことで、授乳は避けるのか必須だとのこと。

薬の成分によっては、効果が長く続くものもあるので、処方された薬をよく調べると、母乳をあげていいタイミングをつかめると思います。

赤ちゃんの月齢によっても違うらしく、六ヶ月くらいの赤ちゃんからは、授乳の量が減ってくるために、母乳に対する薬の影響が少なくなるとの内容も。

薬のリスク以上に、母乳を与えることのメリットの大きさを考えると、薬を飲みながらでも母乳を続けるという考えもありだ!

と感じました!!

ただ、薬を服用する期間は三日程度に抑えるようにしなくてはならないです!

 

裏と表の世界

images-15韓国に来て、はや一年と半年になりますが、あいもかわらず、日本との文化の違いに面白さを感じながら生活をしています。

私はどちらかというと、人に配慮が足りない部分があるんですね。

日本では苦労しましたよ。神経をすり減らしながらの生活でしたね。

日本のすごいところは、他人への配慮だと思います。

こうしたら、相手はこんな風に感じるだろうから、もっとこうしよう、ああしよう。

相手への配慮が凄い国。そんな風に感じます。

会議のような場でも、普段の生活においても、自分の感情や考えを表に出すことはあまりしない風潮ではないでしょうか。

韓国では、こうしたら私はいや。そうしたい。これが好き。自分の考えや意見をハッキリと言う、隠し事ができないお国柄のような気がしています。

なので、思ったらすぐに言葉になり、行動になるために、けんかになることも多いのだといいます。

それに対して、あまり争うことはないでしょうが、日本人は自分の気持ちを溜め込んでストレスをかかえやすいでしょうし、人との関係が近くなりにくい部分もあるでしょう。

韓国では、冷蔵庫の中に入っているものは、たとえ自分が買ってきたものでなかったとしても、勝手に食べたりするのは普通ですが、特にそれで怒ったりもめごとになったりはしません。

日本では買ってきたものを勝手に別の人が食べることはそうないでしょう。名前を書く場合だってある。

同じような見た目をして、箸をつかってご飯も食べて、国語の文法もほぼ同じだというのに、こんなにも文化の違う韓国と日本。

ストツーの裏キャラのようなイメージなので、写真を貼り付けてみました。

私は韓国の文化が性にあっているようです 笑