裏と表の世界

images-15韓国に来て、はや一年と半年になりますが、あいもかわらず、日本との文化の違いに面白さを感じながら生活をしています。

私はどちらかというと、人に配慮が足りない部分があるんですね。

日本では苦労しましたよ。神経をすり減らしながらの生活でしたね。

日本のすごいところは、他人への配慮だと思います。

こうしたら、相手はこんな風に感じるだろうから、もっとこうしよう、ああしよう。

相手への配慮が凄い国。そんな風に感じます。

会議のような場でも、普段の生活においても、自分の感情や考えを表に出すことはあまりしない風潮ではないでしょうか。

韓国では、こうしたら私はいや。そうしたい。これが好き。自分の考えや意見をハッキリと言う、隠し事ができないお国柄のような気がしています。

なので、思ったらすぐに言葉になり、行動になるために、けんかになることも多いのだといいます。

それに対して、あまり争うことはないでしょうが、日本人は自分の気持ちを溜め込んでストレスをかかえやすいでしょうし、人との関係が近くなりにくい部分もあるでしょう。

韓国では、冷蔵庫の中に入っているものは、たとえ自分が買ってきたものでなかったとしても、勝手に食べたりするのは普通ですが、特にそれで怒ったりもめごとになったりはしません。

日本では買ってきたものを勝手に別の人が食べることはそうないでしょう。名前を書く場合だってある。

同じような見た目をして、箸をつかってご飯も食べて、国語の文法もほぼ同じだというのに、こんなにも文化の違う韓国と日本。

ストツーの裏キャラのようなイメージなので、写真を貼り付けてみました。

私は韓国の文化が性にあっているようです 笑